ギター教室と独学のどちらが良い?両方のメリット・デメリットを解説!

『ギターが上手くなりたいからギター教室に通うべきかどうか迷ってる…。けど、やっぱりお金が掛かるし、簡単には決められないな〜。ギター教室に通うか、独学で頑張るかのメリット・デメリットが知りたいな。』

 

あなたは、このようなお悩みを抱えていませんか?

 

この記事では、そんなあなたのために、ギターを独学で練習することと、ギター教室に通って勉強すること、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

これを書いている筆者は、元プロギタリストとして、メジャーアーティストのライブサポートやギター講師として働いていた経験があるので、それなりに知識があると考えてもらえると嬉しいです!

 

ギター教室に通うか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね^^

ギター教室に通うメリット・デメリット

まずは、ギター教室に通うメリット・デメリットを紹介します。

ギター教室のメリット

ギター教室に通うメリットはだいたいの場合以下の通り。

  • 知識や経験のある先生に教えてもらうことで、間違った技術や、変なクセが付かないので成長速度が速くなる。
  • ギター教室には演奏イベントやレクリエーションが多いので、音楽関係の仲間が増えやすい。
  • 教室によっては、先生の弟子のような関係になると、プロの仕事を紹介してもらえることもある。

それでは1つずつ解説して行きましょう。

変なクセが付かないので、成長速度が早い

大抵の人にとっては、これがギター教室に通う一番の目的でしょう。やはり独学で練習すると、時には間違った弾き方をしてしまうことがあります。

 

最近はギターの教則本やDVD、Youtube動画などで勉強することも可能ですが、細かい指の使い方やニュアンスなどはどうしても動画では伝わりづらい時があるものです。その点ではギター教室で先生と向かい合ってレッスンを受ける方が有利ですね。

音楽好きの仲間と知り合う機会が増える

ギター教室は、定期的に全体での発表会や演奏会、その他にもバーベキューなどのイベントを開催しているところが多いです。

 

また、ギター教室と並行して、ベース教室やドラム教室なども構えている音楽スクールの場合は、イベントで他の楽器プレイヤーと知り合う機会があります。

 

気の合う仲間と一緒に音を出すのは、音楽の醍醐味の1つですからね。実際にギター講師として働いてきた中で、『教室に通う目的の1つとして一緒にバンドを組める仲間を探している人』は結構多いと感じましたよ。

プロの先生から、音楽の仕事を斡旋してもらえることもある

これはかなりレアケースなので、これ目的でギター教室を探すのはおすすめしません。ってのが前提として。

 

個人のギター教室や、プロ志向のギター教室だと、講師からギター演奏・ライブサポートなどの仕事を紹介してもらえることがあります。とは言っても、そのギター教室で一番上手いとか、講師からかなり信頼されている場合に限りますね。

 

ちょっとマニアックな小ネタ的情報ですが、こんなメリットもあるよってことで紹介しました。

ギター教室のデメリット

ギター教室のデメリットは大まかに分けて以下の通りです。

  • レッスンには料金が掛かる
  • 先生の質・相性などもあって、必ずしも上達効果があるとは言えない。

レッスン料金が掛かる

まぁ、ギター教室もビジネスなので、お金が掛かるのは当然として(笑)

 

だいたい、安いギター教室でも1時間4000円、高いところだと1時間10000円以上、20000円近くするところもありますね。

 

なので、出費がキツいのであれば、現実問題Youtube動画を見て練習するのが現状ベストです。

先生との相性などもあるので注意が必要

先ほど、『ギター教室に通うと成長速度が速い』と書きましたが、もちろん、どのギター教室でも良い!というわけではありません。

ギター講師の質によって指導のレベルは変わってくるので、ギター教室はしっかりと選んだ方が良いですよ。

講師の質も違いますが、講師によって同じ演奏に対しての考え方も違うので、出来れば自分がやりたいジャンルと同じジャンルが好きで、そのジャンルの知識が豊富な先生を選ぶとハズレにくいと思います。

まとめ

この記事では、ギター教室と独学のメリット・デメリットについて解説しました。このサイトでは、ギター教室選びに迷っている方に対して、口コミ・評判の良いおすすめのギター教室をまとめています。

 

ギター教室情報を比べてみたい人はぜひチェックしてくださいね^^それでは!